ラズベリーパイ WebIOPi でIoTにチャレンジ2 WebIOPi でLED点灯させる

2016/01/24 Sun

前回に続いて
WebIOPiでLEDを点灯させる。

WebIOPi Main Menu から
GPIO Header をクリックする

するとGPIO画面になる
RaspberryPi_webiopi_008
ラズベリーパイ2 は40ピンあるが26ピンのようだ。

IT女子のラズベリーパイ入門奮闘記 第30回の画像と違う。

3,5,19,21,25 のピンが違うな。
19,21,23 はALT0 をクリックすると IN , OUT になり、 ALT0 にならなくなった。
3,5 は表示すらしていない。
raspberry pi 2 のバージョンによるものか?

まあいいや。
-------------------------------------------------------------------------------------------
LEDを点灯させるための回路を組む

以前に購入した抵抗があるので
どうせなら2つ点灯させて明るさの違いを見よう。

今回使うLEDはOSDR5113A
順電圧:2.0V
順電流:20mA

raspberry pi2 からは 3.3V の電圧が掛かるので
3.3V - 2.0V = 1.3V の電圧が抵抗に掛かる。

raspberry pi2 のピンは 16mA までらしいので
それを超えなさそうな抵抗をつける。
合計では50mAまでらしい

1.3V / 200Ω = 0.065A = 6.5mA
1.3V / 510Ω = 0.025A = 2.5mA

この二つで回路を組む

GPIO4 → 200Ω → LED → GND
GPIO17 → 510Ω → LED → GND

せっかくなのでスマホから操作してみる。
GPIO4 , GPIO17 を OUT にする。
GPIO4 の横の 7 をタップする。すると橙色になる。この状態がHIGHらしい。
GPIO17 も同様に横の 11 をタップして、橙色にする。

結果がこの画像
RaspberryPi_webiopi_009
上の方が200Ωの回路。下が510Ωの回路。
明るさの違いがよく分かる。
-------------------------------------------------------------------------------------------
案外簡単に点灯させることができた。

途中点灯しなくて何が悪いのか確認していたら
ジャンパーケーブルが断線していた。
そんなこともあるんだな。
今度から使用する前に導通確認しようかな。

次回は IT女子のラズベリーパイ入門奮闘記 第31回
操作画面のカスタマイズをやってみたい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -