FC2ブログ

似非エンジニアのものぐさブログ~2nd~

趣味、日記、備忘録・・・なんでもござれなブログ

ZenFone 2 Laser 内部ストレージ容量の圧迫

ZenFone 2 Laser

内部ストレージの容量が一杯になっていた。

たいしてアプリも入れていないので
疑問に思ってみてみると、
「その他」の項目が5.4GBになっていた。

「その他」の中の「AsusSoundRecorder」フォルダが
容量が多かった。

ここには、標準で入っている「音声レコーダ」アプリで
録音したファイルが入っていた。

「音声レコーダ」の設定で、
録音する場所を取り外し可能なSDカードに変更して、
そちらにファイルを移した。

これで内部ストレージ容量を確保できた。
スポンサーサイト



ZenFone 2 Laser テザリングの設定

ZenFone 2 Laser でテザリングをしてみる。

設定画面を開く。もっと見るをタップ
zenfone_2_laser_058

テザリングとポータブルアクセス~ をタップ
zenfone_2_laser_059

Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ をタップ
zenfone_2_laser_060

設定をして保存をタップ
zenfone_2_laser_061

ポータブルWi-Fiアクセス~ をタップしてONにする
zenfone_2_laser_062


Kindle で試してみる
設定からワイヤレスをタップ
kindle_08

SSIDをタップして、パスワードを入力し、接続をタップ
kindle_09

繋がったようだ。
試しにYoutubeを見てみるが遅延なく見れた。
これでスマホとKindleをセットで持ち歩いて使用できそうだ。

MVNO 格安SIM NifMoに入会する

KDDI
au のスマホを解約した

格安SIMを購入する。
同時にSIMフリーのスマホも購入する。

どこがいいかと探していると
NifMoがよさそうだ。

ドコモ系で対応エリアも広い。
評判も良くて、一番速度も安定しているようだ。
スマホと同時購入で10,000円キャッシュバックキャンペーンもやっている。
ただし、これは3GB以上が適用。1.1GBでは適用されないので注意。

早速、NifMoのホームページから申し込もうとすると・・・
あれ、キャッシュバックキャンペーンページが無い。
どうやら別のページから入るみたいだ。
ただ、探していると価格.comから申し込んだら
10,100円キャッシュバックになるようなので
価格.comから申し込むことにした。

さて、スマホは何にするか。
セットになるのは3機種だけ。
ASUS ZenFone 2 Laser
HUAWEI P8lite
富士通 ARROWS M01

この中なら ZenFone 2 Laser だな。
本体価格31,112円(税別)。
スペック的には P8lite かも知れないが、ちょっとなぁ。
オクタコアも捨てがたいんだが・・・在庫も無かったし。

申し込みは簡単だった。
クレジットカード番号、免許証のスキャンだけで申し込める。
最近は便利になった。携帯の契約もWEB上でできるのか。
店員から説明受けて、契約書にサインして、印鑑押して・・・
色々な手間が省けて、10分程度で申し込みが終わる。

3GBプラン 700円/月(24ヶ月目まで、25ヶ月目からは900円)
音声通話対応 700円/月
合計 1400円/月

月で4,500円程安くなるから年間54,000円支出が減る。

大して通話はしないし(泣)、
ネットでそんなに動画も見ないから3GBで十分。
auの時の通信量を見るとだいだい2GB程度になっていた。
ちなみに3GBだと3日で650MBの規制が掛かるがこれも別に問題なし。

2年縛りがなければもっと早く移っていたが中途半端な時期だったな。

今はNifMoがいいようだがまた人が集まってくると
遅くなるんだろうな。まあ、そこは格安だと割り切るしかない。

満足な価格なのであとは使い勝手を様子見だな。

KDDI au スマホ解約

KDDI
au スマホを解約してきた

事前に調べると
①ご印鑑
②ご本人さま確認書類(原本)(運低免許証で良い)
③現在ご利用中のau携帯電話本体
が必要らしい

とりあえずこれらを持って朝一にauショップへ行く。
混んでるとイヤだからね。

10:00開店。
09:55頃についたけど閉まってた・・・

気のいい兄さんが相手をしてくれた。
解約したい旨を伝えると快く対応してくれた。

少し質問されたがスムーズに進む。
途中、運転免許証提示。

1点注意が必要なのはau WALLET カードの事。

解約すると au ID も無くなる?のか
今後au WALLET カードへのチャージは出来なくなる。
溜まっていたポイントも使えなくなる、
チャージされている分はカードの有効期限まで使用出来る、
との事。

このあたりは怪しかったので
事前にポイントは変換してチャージしておいた。
そして、現在のチャージ額も控えておいた。
解約する際は気をつけよう。

「誰でも割」に入っているが
今月が契約更新月の為、解除料金は不要。
基本使用料金は解約するので 1,868円 で計算されるとの事。
通常は半額の 934円。
これを日割りで計算するとの事なので
1,868円 / 30日 × 5日間使用 = 311.3円 になるのかな?
なお、契約更新月は携帯会社によってまちまちのようなので
事前にきちんと確認しておこう。auではWEB上で確認できる。

なお、LTEフラット にも入っていたが
これは日割り計算にならない。
よって、月の途中でも5,700円が丸々請求される。
これがイヤだったので、08月の段階で解除しておいた。
月の途中で解除しても、その月中は使用できるとの事。
解除はWEB上からでも可能。解除料金も不要。
ついでにauスマートパス、テザリングオプションも解除しておいた。
auスマートパスは解除すると、auのアプリとかが使えなくなるらしいから注意。
まあ、何も使ってなかったけどね。

09月に入ってからはデータ通信をOFFにしておいた。
こうしないと、アプリがいらんことして勝手に通信されても困る。
家ではWi-Fiで繋げればいい。

そんなこんなで10分程度で解約終了。
意外にあっけなかったな。
印鑑とスマホ本体がいると書いてあったが
特に必要なかった。サインすることはあったが。
最後に解約通知書を渡された。

次のauの請求がどのようになっているか確認しよう。

au AQUOS PHONE SERIE SHL22 設定3

設定の続き

エコ技の設定をする。

アプリ画面に移動、設定
SHL22_023

省エネ&バッテリー
SHL22_024

エコ技設定
SHL22_025

今後、表示/反映しないにチェックを入れて、はい
SHL22_026

技あり
SHL22_027

画面真ん中の色が緑に変わる。左上にも葉っぱのアイコンがでる。
下のecoレベルが上がっているのが分かる。
やっぱりレベルが上がるのはいいな。
省エネ待受設定
SHL22_028

OK
SHL22_029

制限しないアプリ
SHL22_030

画面消灯時に動作を制限しないアプリの一覧が出る。
制限するアプリにチェックを入れて
チェックしたアプリを制限する
SHL22_031

ただし、制限すると挙動がおかしくなるアプリもあるので注意。
また、エコ技そのものがバグる場合もあるらしいのでこれも注意。

しかしせっかくのシャープ一押しの設定なので
使っていきたい。
何分節約できたかがわかるのも嬉しい。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Template by たけやん